平家物語

山形浩生「経済のトリセツ」に生産性の話が出てくる。

 

今、日本の一人あたりGDPは先進国どころか後進国レベルに落ち込んでいる。これは生産性が悪いんだ!日本人の仕事の生産性をあげろ!という話を最近よく聞く。まあそうかもな?と思う一面、生産性ってなんだろうと以前から疑問に思っていた。


例えば、吉野家なんかバイトするとしよう。東京で深夜だと仮に時給2千円、田舎だと1千円はありえる。んじゃ、東京は生産性が倍なのか?東京だと2倍の仕事量か?といえば多分、変わらないはずである。単純に東京という場所だから時給が倍なのだ。だったら生産性って何だ?

というあたり、非常にわかりやすく説明してくれている。

 

本書の場合は散髪の値段で、日本のQBハウスなら千円、フィリピンだと百円、ガーナだと十円。この時、ガーナで一人が散髪してるあいだに日本だと百人が散髪できるのか?といえばもちろんNO。

 

つまり生産性における賃金については、絶対的な生産性ではなく、その社会の平均的な生産性で決まる。そして、その水準を決めるのは製造業である。
製造業なら機械生産で百人分・千人分の仕事量をこなすことができるが、サービス業はそれほど差がつかない。

 

だったら品質…熟練した技能によって単価が上がる=生産性が上がるってことじゃない?という疑問もキッパリ否定する。いくら匠の技だったとしても、高く買う客=需要が無ければ意味が無い。
つまり、需給関係のほうが重要だ。

 

なるほど~。

 

著者の山形は、ネットで生産性の話をしたら基礎以下の連中しかいないことがわかったのでこんな基礎中の基礎みたいな話をしてやってるんだ!となかば逆ギレしてるのがいかにも山形っぽくて面白い。
そもそも生産性とは何か、という議論は100年前ぐらいに議論しつくされているという。

 

面白いのは、んじゃ、どうやって生産性を上げればいいのか?について、それは今でもわからない。
なにしろノーベル経済学賞クルーグマンですら「そんなのわかんねぇ」と言ってるんだからと紹介している。
いまのジャーナリストや経営者連中たちが、生産性を上げろと声をそろえていうが、その方法がわかってたら、皆そーしてるに決まってるだろ!と、これまた逆ギレしてるのが山形っぽくて面白い。

 

あと、俺が生産性の話で疑問に思うのが、ブランド、である。

カバンを純粋に機能的に考えればレジ袋でよい。それがシャネルとかのブランドのカバンになると10万とか20万とかする。他にも洋服でもマンションでも食い物でも、ブランドものは高くても売れる。

以前、バーバリーの服が売れ残ったので焼却処分したら、貧乏人に安く配れ!と怒られたというニュースがあったが、それはバーバリーにとっては損である。ブランド価値を維持するために焼却処分したのは誰でもわかる。安売りしないことで価格を維持するのがブランドの醍醐味だから。

このブランドという生産性はなんだろう?と思う。

 

あと、俺が興味深かったのはリフレ派をめぐる昨今の流れである。
バブルが崩壊した90年代後半、デフレ云々の議論が出始めた頃である。

その頃、俺は友人に「デフレって何?安く買えるんなら何か悪いことがあるの?」と問われて、そもそも何も知らなかったので何も答えられなかった。
確かその頃から政治では構造改革とか財政均衡プライマリーバランスとかの話が出始めていたはずだ。
で、構造改革が隆盛を誇ったあたりに上げ潮派という経済派閥?があったのを記憶している。

てっきりリフレ派って上げ潮派のことかしら?と思ったら、違うっぽい。

 

今、世界の潮流…というよりも日本とドイツを除いた世界はリフレ派といっていいんじゃないだろうか。日本だけがここまでGDPが伸びない理由は、リフレ派ではなかった、つまりインフレ期待をさせなかったから、という理由は俺にはとてもにシックリくる。

 

日本経済がダダ下がりした理由はいくつもあるが、端的に言って将来的にインフレなるぞと皆が思わなかったから。その理由として、黒田総裁以前の日本銀行の失敗、構造改革という目標がはっきりしない政策、財政均衡プライマリーバランス)重視の緊縮財政、あたりである。

 

最近になって、やっとリフレ派的金融・財政政策がとられるようになったとはいえ、消費税増税とかトチ狂ってる政治に憤懣やるかたないというのもわかる。
そこらへん、本書ではバブル崩壊から現在に至るまでのリフレ派の動向がまとめられていて興味深かった。

 

本書では岸田政権の話は無いのだが、岸田政権の財政政策はリフレ派ではない。
岸田首相は「新しい資本主義」というスローガンを掲げているが、今のところ、それって社会主義なの?としか思えない政策だったり、財政均衡とか言い始めちゃったりするのがもうダメっぽい。

 

少なとも現在において、万能の経済理論は存在しない。状況によって経済政策は異なる、としか言えない。それで現時点で財政均衡を重視するというのは間違ってるとしか俺も思えない。

 

 

■今期の新しいアニメ「平家物語」、第一話面白い。


www.youtube.com

令和の時代に平家物語ってなぁ…と思いきや、コレが良かった。
監督が山田尚子というのでまず間違いないが、高野文子が参加している!

川尻こだまのただれた生活

ノートPCのバッテリーが劣化していると警告が出る。
バッテリーをリフレッシュすれば大丈夫です!と「バッテリ・リフレッシュ診断ツール」が言ってくるのでリフレッシュしてみると、どうしても途中で電源が切れてしまう。
 1,充電
 2,放電
 3,再充電
の手順で実行されるのだが、手順2で放電がある程度進んだ瞬間に勝手に電源が切れてしまうようだ。もちろんACアダプタは差したままで抜いてないし、自動スリープモードもOFFにしてあるのに。。

う~ん、どーしたらいいんだ?
まあバッテリーが死んでもACアダプタ差したまま使えば問題ないとは思うけど。

 

netflixで「はじまりのうた」見る。


www.youtube.com

不覚にもちょっと良かった。不覚にも。こんなオシャレ映画なのに…クソッ。
主役の女性はともかく、脇役連中に味があるし、音楽もいい。
脚本もG監督曰く"時間軸を前後にいじったオサレ映画皆好きなんだろボケ!"という言葉通り、前半に時間軸をいじくって中盤からすべての時間が合体して進行するオサレ映画でもある。
これ、日本でやったら微妙なアイドルと微妙なJポップで微妙な仕上がりになっちゃうんだろうな~と思いながら見た。

 

kindleで無料の「川尻こだまのただれた生活」全6巻、多分30分ぐらいで読み終える。
うむ、題名の通り、尋常でないタダレ具合が素晴らしい…と思ってたらコレ、アニメ化するの?スゲエな。ちょぼうらちょぼみ「あいまいみー」みたいな感じだったらイイな…。

ベルヴィルランデブー

某Hから電話
「血の轍」はエグいぞ!う~ん、いや~お前は好きかもな!
んでもって「ベルヴィルランデブー」見ろ!じゃあな!


www.youtube.com

 

あ、これな~。昔、紹介動画で気になってたけどネットフリックスに無い。
アマゾンプライムには有料で400円か~。また暇なとき見てみます。

 

やっと山形浩生「経済のトリセツ」読み終わる。
ちと感想などと思ったけど、長くなりそうで眠くなってきた。。

経済のトリセツ

■G監督が「血の轍」が面白れーから読めよぉと言うので、ブックオフで探してるんだけど見つからない。
この作者って陰惨な話は凶悪に陰惨なのでちょっと気は進まないけど…。

 

そんなG監督から「庵野秀明展」のお土産が届いた!ありがとう!
胸に「彼氏彼女の事情」と明朝体の赤色で書いてあるTシャツ
胸に「キューティー・ハニー」とロゴが書いてあるTシャツ
その他、「トップをねらえ!」のキーホルダーは手のひらぐらいデカイ。

くっさい足した中年がですね、「彼氏彼女の事情」って書いてある服着て歩いてたらちょっとした"事案"ですよ…?


■年末年始に何かコンテンツは見た気がするんだけど記憶に残ってない。。
あ、猫組長こと菅原潮「黒い経済白書」を読んでて、ビットコインETFと中国の停電の話は良かった。

 

俺はビットコインETF上場なんてできないと思ってたけど、何故アメリカが許したのか?といえば猫組長いわく「アメリカのドルを脅かさないことがハッキリしたから」という理由は納得できた。

 

あと、最近、中国で輪番停電をしてるらしいのだが、この理由を脱炭素とかの報道にスゴイ疑問を感じていた。猫組長いわく「石炭不足で停電になってるだけ」というのも納得。

 

■今、読んでて面白いのが山形浩生「経済のトリセツ」

たまに某Hが、全盛期の立花隆のようにホントに頭イイと思える人って誰だ?という問いをするが、今の俺は山形浩生だと答えたい。

山形浩生のブログも読んでるけど、著作になると桁違いに凄さを感じる。

 

最近、経済系の勉強をたまにしてるけども、経済の理屈は往々にして直感と逆。

リカードの比較優位とか。ゆっくり説明されるとその時点でわかる気がするのだが、すぐに忘れてしまう。


ホント経済理論の頭の良さってのに今さらながら感心しているのだが、そもそも山形浩生は経済学者でも記者でもない。それが並み居る日本の経済学者連中はじめジャーナリストも政治家もボコボコに殴りつけ、お前ら馬鹿か?と罵倒しつつ、ちゃんと俺みたいな素人には、ちゃんと素人が感覚的にわかるであろうレベルで書いてくれてるのには舌を巻く。

 

およそ頭いいレベルが2つぐらい違ってくると、そもそも会話が成り立たない。経済学の論文を読んでも何を書いてあるのかサッパリわからんのがソレだ。
そーいう専門家が素人に説明する場合、誤解されるのを恐れて、持って回ったモヤ~ッとした説明になりがちである。
それを山形浩生は異様にわかりやすくビシッと言い切るし、その切れ味がまた強烈。

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」2回目

G監督が「海が走るエンドロール」が面白れーから読めよぉと言うので読んでみた。

夫を亡くした65歳になる老婆が映画を撮り始めるというマンガ。
うーむ、なんというか、キレイなマンガですよ。
俺はピンとこなかったんですけど。

これは映画見てるだけでグダグダ文句言ってるだけの俺と、実際に映像制作してるG監督との違いだと思うんですがどうでしょうか。


以前、ある小説家がインタビューで"何故仕事もせずに小説を書いたのか?"と問われて"書かずにはいられなかった、書くこと以外考えられなかった"と答えてましたけど、そのリアリティを本当に感じるか否かが「海が走るエンドロール」のキモなんじゃないかと勝手に思ったんですけど、このマンガ、すごい売れてるっぽいので、俺だけが不感症なのかも知れません。

 

ともかく、2回目を見ました「パワー・オブ・ザ・ドッグ」


www.youtube.com

G監督の言いつけ通り、フィルの母性と足音に気を付けながら。

で、2回目でわかったんですが、コレ、かなり意図的にわかりにくくしてる映画ですよ。

 

主な登場人物は4人
主人公の荒くれ男、フィル(実はホモでネコ、つまり受け側。母性が強い?。荒くれ男っぽさはその裏返し)
そのフィルの弟(常識人)
弟と結婚した子持ちの母親(アル中)
・その母親の子供で、ホモ臭いナヨッとした青年(ホモかどうかはハッキリしないが、ホモだとしたら攻め側。父性が強い)

 

以下、思い出しながら順に


冒頭、お父さんが死んだのでお母さんを守らなければならない、という感じの独り言?から始まるんだけども、このセリフが誰のセリフなのかは、1回目ではよくわからないが、これはナヨッとした青年のセリフである。
この映画はその青年のセリフではじまり、最後に映るのもこの青年の顔。従って、実はこの映画はナヨッとした青年の物語だともいえる。

 

G監督の言う通り、主人公の荒くれ男フィルの登場から、ガチャガチャと足音がウルサイ。これはカウボーイ特有の靴音だけに目立つ。他の3人はそんな靴は履かない。マッチョの演出。

 

荒くれ男フィルは家の風呂に入らない。風呂に入らない理由は俺はよくわからない。不潔なのが男の象徴なのか、あるいは、実は裸を見られるのが嫌だからなのか語られない。清潔でおしゃれな弟との対比かもしれない。

 

んでもって、荒くれフィルと、その弟が同室にベッドを並べて寝る。
少し考えてみるとこれは奇妙。

裕福な牧場主としてデカイ家に住んでるんだから、2人とも別々の部屋で寝ればいいのに、何故同じ部屋で?という理由は実は、荒くれ男フィルは弟が隣に寝てくれないと自分も安心して眠れないから、ということがわかってくる。

 

大量の牛の移動中に、飯と宿に泊まるシーン。
一旦、牧場のスタッフたちが売春宿っぽいところで一休みして乾杯でもするかというとことで、荒くれ男フィルが弟が来てないので待ってやれという。実はすごい気づかいをする男だとわかるのだが、弟が来たとたん、弟を罵倒するという困った性格であることがわかるし、弟はとにかく兄を黙認する。
ここらへんで2人が牧場主の兄弟として、兄はスタッフをコントロールしているが、全体のスケジュール管理とかは弟がしていることがわかる。

 

この乾杯と食事のシーンで、スタッフたちは弟の言うことを聞かず、荒くれ男の兄の言うことしか聞かないことがわかる。とにかく荒くれ男フィルは荒くれている!のと同時にカリスマがあるというのを見せつけるシーンである。

 

その夜、荒くれ男フィルがベッドルームに行くと弟がいない。そこでものすごく不安になって弟を探すものの、そのままベッドで寝てしまうという。さらに弟が部屋に帰ってきた途端に飛び起きるが、今度は弟が兄の態度を叱る。いや、だってさぁ、と兄は言い訳をするが、そのまま一緒のベッドで寝るのである。
ここで、実は弟が兄の面倒を見ていることがわかる。
表面上、兄が男っぽいとことを見せつけることで牧場主たる権威を保っているが、それがやり過ぎだと兄に説教し、ベッドが一緒じゃないと眠れない弱さの面倒も見ている。

 

その弟はスタッフからは信頼されず、わがままな兄に振り回され、孤独に生きてきたが、結婚して孤独じゃなくなったと涙するシーンになる。

 

んでもって、弟が結婚後、夜に嫁とキャッキャウフフという物音を、フィルが一人ベッドで聞いてる。
フィルはこれまでずっと弟と一緒に寝てきたのに、新しくやってきた嫁にとられたというワケ。
なので、フィルは異様に感情をむき出しにする。
この嫉妬を発散するため、ブロンコ・ヘンリー(BH)の鞍を磨きだす。
後からわかるが、ブロンコ・ヘンリー(BH)こそがフィルが性的に愛した男である。

 

新しく家にやってきた弟の嫁を、フィルはいびりまくる。
弟をとった相手でもあるし、中身は女性のフィルだけに、嫌な小姑としてふるまう。

 

連れ子のホモっぽい青年が医者志望で医学の勉強をしていることがわかる。

 

フィルの嫌がらせに耐えきれなくなった嫁がアル中になる。
アル中であることを確信した瞬間、フィルはニッコリと笑う。母親失格だと悟る。

 

フィルが誰も無い川辺で裸になってハンカチ?を体に当てているが、そのハンカチ?にBHというイニシャルの刺繡がある。ブロンコ・ヘンリー(BH)のハンカチ?であったことがわかる。そのハンカチをおもむろに股間に突っ込むあたりで、ホモだとわかる。続いて、青年がブロンコ・ヘンリーの裸の写真集を発見し、この2つの事が連続で描かれることで、フィルがブロンコ・ヘンリー(BH)が大好きのホモだということがわかる。

 

場面がかわり(5章)、フィルの態度が一変し、青年にすごい親切になる。
乗馬のやりかたを教え、皮のロープを手作りでつくってやる。父親代わりというのが自然にみえるが、ここはG監督の言う通り、実はアル中の母親にかわって、母親として牧場での生き方を教えているという解釈が正しいと思う。

 

青年は乗馬をおぼえ、一人で遠出し、炭疽菌のついた皮を手に入れる。

 

実は青年の父親はアル中で自殺したことがわかる。その時、父親は青年に「冷たくて強すぎる」と言ったということで、もしかしたら青年が父親を自殺に追いやったのかもしれない。

 

アル中の母親が勝手に牛革を処分してしまう。ここでフィルがブチ切れて暴れる。弟はあくまでも冷静に対応するが、ここで青年が意を決して「ボクの牛革を使って」と申し出る。
この場面、もしかしたらフィルが母親に暴力をふるうかもしれない勢いがあったのを含めて、青年はものすごく悩んでいるように見える。(なぜなら炭疽菌つきの牛革を渡してフィルを殺すことを決意したことが後からわかる)

 

フィルは手に傷があり、血をにじませながらロープを編んでいる。青年は炭疽菌に感染する様子をうかがいながら、ここではじめてフィルがホモであることに気が付き、フィルからもらったタバコ?大麻?をフィルと交互に吸いあうというホモ臭いことをする。

 

炭疽菌に感染してフィルが病院に連れていかれるとき、青年は部屋の中からフィルを覗いている。
落ち着きなく泣いているようにも見える。

 

青年が聖書を調べるように読み、その聖書の一文にタイトルの「パワー・オブ・ザ・ドッグ」が書いてある。
その聖書の意味はよくわからないが、この「ドッグ=犬」が邪悪な者の意味とすれば、青年にとってのフィルこそが「パワー・オブ・ザ・ドッグ」であり、それを青年は聖書通りにしりぞけたことになる。

 

最後、フィルの葬式が住んで、自分の母親と新しい夫(=フィルの弟)が仲良く抱き合っているのを、青年が見届けているシーンで終わり。

音楽

某Hが、浅草キッド」を語る神田伯山のラジオが面白れーから聞けよぉ

と言うので聞いてみた。
■2021.12.17 問わず語りの神田伯山


www.youtube.com

うーむ、落語家の関係性が俺、わかんなくて…
ただ、後ろの古舘伊知郎の話は確かに面白い。

 

ちなみに「浅草キッド」について神田伯山のコメントもビートたけしのコメントもほぼ同じなのは興味深い。
"キレイな部分だけ語られてるが、それも含めて映画の良さ"

news.yahoo.co.jp

 

■岩井澤健治「音楽」見る。


www.youtube.com

あ…あかん…これ、今年の俺の邦画No1。ハイ。
いや、邦画で何を見たかおぼえてないけど…あ、ザボーガー見たっけ…。

 

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」同様、見る人を選ぶ映画で、はじめのシーンでピンとこなければ見なくてもいいと思うんだけど、ヒネてしまった中年、サブカル大好きっ子のボクにはこんなのズルいですよ。

 

まずはそのあまりに独特のアニメ表現、それにタイトルが「音楽」なんだけどもその音楽のクセが強い。メロディーもハーモニーも無い、リズムも有って無いようなまさしくドコドコドコドコ言ってるだけ。


なにしろ楽器やったことない高校生3人がテキトーに楽器を拾ってきたのでベース2本とタイコ2つ、という構成からはじまる。

 

まあ、BGMとしてはちゃんとした?曲が使われるが、3人の演奏の曲が実にシュール。しかし、これがまたプログレ大好きっ子の俺にはストライクで困る。
時折、画面に70年代ロックを象徴する絵がちらほら描かれる。キング・クリムゾンとかツェッペリンとかマイク・オールドフィールドとか。

とにかく、その時代あたりで一番尖ってた雑音と音楽のあいだみたいなプログレっぽい音楽にまた痺れる。

 

物語も有って無いような、ともかく独特な絵に独特なタイミング、ラストに近づくにつれ、その絵も強烈なインパクトになっていく。
というわけでG監督のコメントを待つタカコ。

アルプススタンドのはしの方

F夫君が「パワー・オブ・ザ・ドッグ」でぐっすりお休みされたそうなので、
大変申し訳なかったデス。ハイ。

という、お詫びもこめて
「アルプススタンドのはしの方」をご紹介いたします。


www.youtube.com

F夫君の好きな?野球映画ですよ~

野球シーンはひとっつも無いですけど。

 

タイトル通り、アルプススタンドのはしの方の応援席しか映ってない映画です。
いや、まあ、これが青春してるんですよ。
応援してる奴の人生もいろいろある…そんな、いかにも文系ですけど。


「お前さぁ、とりえあず予算5万円で青春野球映画撮れよ!」と無茶ぶりされたとしたらこの映画は100点です。
王道からハズれた物語とはいえ、予算と内容のバランスからいえば120点。

 

邦画はこーいうヒネたアイディア映画…「カメラを止めるな」とか、
邦画じゃないけど「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」とか「ギルティ」みたいに電話しかしてない映画とか、そーいうのもアリだとは思うんですよ。