全裸監督: ―村西とおる伝―

「英語を話したいんです!」
と、取引先の事務員さん(独身女性:30代後半)が言うので、んじゃ、ラオス人とか台湾人とか英語しゃべれる奴紹介しようか?とすすめたら
「白人がいいんです!黒人とかアジア人とか嫌なんです!」
まさか2021年にここまで明確な人種差別主義者を見たことないレベルですね…

アレでしょ?白人の彼氏で他人に自慢したいだけでしょ?とたずねたら
「違います!友人でいいんです!英会話がしたいんです!」
と、本音ダダ漏れの事務員さんのアホさ加減心意気に押されて(?)とりあえず、アメリカ白人男性を紹介してみた。

 

俺と事務員さんとアメリカ人の3人で、喫茶店でメシを食ってみた。

意外とその事務員さん、英会話はできるようだ。
ただ…その事務員さん、アメリカ人に"自分の彼女(白人)がいかにカワイイか"スマホの動画や写真で延々と説明され、最後には「君はそのままじゃ駄目だから××村の47歳の独身日本男性を紹介するよ!」という流れになるも、事務員さんははキッパリと断ってました。

 

で、先日、
2回戦目にスペイン人男性を紹介してみた。俺もそのスペイン人とは初対面。
時折、そのスペイン男性が"ボクの彼氏が~"と言うので、俺は"あ~、彼女と彼氏の日本語、逆に間違えてるなぁ"とホンワカしてたところ、モロに日本人男性の彼氏の写真を見せつけられ、お前本物や!ガチホモじゃね~か!という、今年一番ホッコリした話でした。

 

本橋信宏「全裸監督: ―村西とおる伝―」読む。


以前、ネットフリックスで「全裸監督」面白いYO!と書いてたけども、正直、あのドラマのどこまでホントかは気になってた。特にヤクザの描写部分。

で、原作を読んでみたらぶっ飛んだ
正直、ドラマの10倍面白い。

 

俺はギャグマンガを読んでても滅多に笑うことは無い。しかし、この本は3回ぐらいは思わず笑い声がでた。ノンフィクションの本でここまで狂気な人間像はなかなかお目にかかれない。
ドラマで描き切れないのは、単に村西とおるのスケールがデカすぎて描き切れなかっただけ、という恐ろしい生き様を目の当たりにした。

 

ドラマでは英会話教材のセールスマンの話からスタートするが、原作は村西とおるの幼少時代の描写からぶっ飛んでる。
様々な職業を経験しながら、英会話のセールスもした。
そしてエロ本、いや、性器モロ見えの裏本で大当たりする。
イキナリ大金持ちになるのだが、その遊びっぷりも一晩で数百万円の豪遊…とかじゃない、数千万以上の豪遊っぷりである。

 

俺は警察に捕まらないよ。だって警察に月6百万の裏金払ってるから。

 

結局は前科7犯になるのだが(笑)、超ド級の話が次から次に出てくる。


ドラマでは、AV女優がとある男性アイドルと寝たことをヒントに、そのアイドルとどーやってセックスしたか、というAVを発売するというくだりがある。
これ、田原俊彦だったんだ…!
その直後、ジャニーズ事務所と全面戦争する話も面白い。

 

ちなみに、エロ本時代の関係者に英知出版の社長とか、白夜書房の元編集局長、末井昭なんかが出てくる。
末井昭の自伝本には、冒頭、自分の母親が若い男と駆け落ちして、ダイナマイトを抱えて爆死するという滅茶苦茶な話からはじまる)

 

ドラマではハワイで警察につかまり、懲役370年を求刑され、1億円で保釈されるのだが、実際の流れもほぼその通りであったものの、詳細はかなり異なっている。
ハワイの監獄(?)で一緒に捕まった部下がYMCAを歌って大盛り上がりになるとか、実際の話はシュールだし、その1億円の理由も笑える。

 

やがてAVの先駆者となり、時代の寵児となっていく。

 

ドラマはセカンドシーズンになり、やがて50億の借金を抱えるようになるのだが、その原因を衛星放送に参入したことだと描いている。実際には確かに衛星放送の失敗もあったが、そもそもが放漫経営であって、土地建物車にクルーザーに買いまくってたところ、単にバブルが崩壊したので借金まみれになったというのが真相のようである。

 

やがては50億の借金を抱える。

そこからの粘りが、常人とは一味も二味も違うのが素晴らしい。
ナイスですね!

 

ドラマで、ダムに連れてこられて「飛び降りて死んでくれ」と言われるシーンがある。これ、実際にあったエピソードで、ホントはもっとエグかったようだ。

 

この原作には、ほとんどヤクザの話は出てこない。たまにヤバイ話がちょろっと出てくるぐらいである。youtubeのインタビューの方がそっち方面のヤバイ話が多い。


www.youtube.com

 

ドラマを見て、この原作を読んでしまった俺としては
BVDのブリーフ一丁でカメラを肩にかついだ村西とおる
「お待たせしました。お待たせしすぎたかもしれません!」の名台詞と共に東京オリンピックがはじまるのも良いと思います。

スマホ脳

アンデシュ・ハンセン「スマホ脳」読む。

 「イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史」がスゲェ読むのに疲れるので、その気休めに読んだ本なんだけど、これが興味深かった。

 

冒頭、人間というかホモ・サピエンスとは何か、という話から入る。我々は数十万年以上続いた一種の生物であり、実はスマホ含めて現代社会に適応するようには脳や体ができてないんだよ、という本である。

 

例えば、注意力が続かない、注意力散漫、というのは進化論的に正しい。
数千年前、森林の中でポツンと残された人間を想像してほしい。
ふとした物音、かすかに動いた枝葉に即座に反応しないと危機的状況になるため、常に全方向に注意を向けなければならない。

 

それが現代だと、椅子に座って本なり資料なりを読み続ける、という行為が求められるのだが、集中力が続かないのは人間の本性というわけである。

 

スマホ、特にSNSはそこをうまく利用してくる。
人間の脳内麻薬というか快楽物質を最大化させることに特化している。
例えば、画面を切り替える(スワイプする)場合、コンマ何秒かわざと遅らせる。そのことで、無意識的に期待させるのである。

 

あるいは、人と人とのつながりを常に意識させる。
うわさ話は人間、誰しも興味がある。なぜなら、身近な人のうわさを聞きたいという欲求は進化論的に重要だから。
ホモ・サピエンスは集団を形成する生物である。そこの社会的つながりは生存本能と直結している。スマホは、その奥底にある欲求を突いてくるのだ。

 

現代人は、スマホを一日当たり2600回触るらしい。
利用時間は平均4時間。高校~大学生あたりになると7時間というのも珍しくない。

 

スマホを使うとアホになる、というレベルの話ではない。
他人のスマホが視界に入ってるだけでアホになる、という科学的データを提示したなかなか興味深い本だった。

イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史

某Hの宿題本「イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史」上下巻読む。

いや~…分量といい内容といい読み進めるのがヘビーな一冊だった。

 

イスラエル建国あたりからユダヤvsイスラムの殺し合いの歴史を、ほとんど箇条書きに近いレベルで淡々と描いている。

35章に分かれており、1章ごとに10人以上は新しい登場人物が出てきては次々に暗殺される。
もちろんユダヤ系かイスラム系の俺が聞きなれない名前ばかりなので、コレがまた読みにくい。
そもそもが複雑な経緯のうえ、次々と新しい組織名や宗派も登場する。

 

この本、読む前に歴代イスラエル首相の名前と大きな事件の年表ぐらいは頭に入れておいた方が良いだろう。俺みたいにほぼ白紙レベルで読もうとするとかなりツライ。
んでもって、イスラエル~シリア周辺の地図と、中東全体の地図を常に見ながら読まないと、おおよその土地勘(?)がつかみにくい。

 

まあ、ともかく…イスラエル大変だよね。(馬鹿っぽい感想、っていうか馬鹿)


著者がイスラエル人だからイスラエル寄りというのもわかるが、その著者ですら、イスラエルやりすぎなんじゃね?ぐらいの姿勢である。

本書の最後、超タカ派ともいえる元モサド長官ダガンが、殺し合いでは問題は解決しないと悟ったあたりの話で希望を持たせようとしているのが著者の心情なんだろう。

 

本書で俺が一番驚いたのは、シリアが秘密裏に北朝鮮からの輸入で核兵器をつくろうとし、途中で気が付いたイスラエルが秘密裏に爆撃。それをアメリカはじめ全世界が秘匿した、という経緯である。

そーだったのか…いや、確かイスラエルって核兵器持ってるのは公然の秘密じゃなかったっけ?本書ではまったく触れられてないけど。。

 

いや~、アメリカ大統領もクリントンとかオバマとか、よほど自分は頭イイんだぞという自信が無い限りイスラエルパレスチナ問題は手を出せないと思うのだが、そこで何故かトランプがガッツリ手を入れてきた根性はスゲエなと言わざるを得ない。
俺だったら本書を読む限り、絶対手を出したくない。

 

いや、かえってまったく事情を知らない奴の方がむしろ話し合いできるんじゃね?と思わせたのが俺の大好物「ブルーノ」である。


www.youtube.com

ド級の馬鹿「ブルーノ」がユダヤ人とアラブ人の前で、さあ、ボクの歌を聞いて!と突然歌い出すシーンがある。紹介動画でもそのシーンがある。

2人とも「駄目だコイツ…」と超呆れながら最後まで聞いてしまうのである。

実はブルーノ役のサシャ・バロン・コーエンはイギリス生まれのユダヤ人なのだが、ここまで根性がある馬鹿なら仲良くせざる得ない…のかも知れない。

 

 

本書で3例ぐらい、実際の暗殺事件について事細かに描写している部分がある。ここが超面白い。

1人を暗殺するために数十人のチームが編成され、どのパスポートでどの国から入国し、どこで待ち合わせし、最後はどのような手口で殺害に至ったか…そこらへんは007の映画っぽくワクワク読める…なにしろ本物の暗殺の手口である。使った薬剤の種類まで書いてある。

しかし何故詳細がわかるのかといえば、全て失敗したために暴露されたからである。
最後のケースでは、暗殺には成功したが、一部始終を監視カメラなどで証拠が残ってしまって外交問題で失敗した。

 

たまに、日本もイスラエルぐらい危機感をもって国家運営をすべき、という話を聞くことがあるが、それは無理だろう…最も穏健派といわれたイスラエル首相でも300人は暗殺命令を出したというレベルはちょっと違うと思うんだよね。。

 

場合によっては1人を暗殺するためにF15戦闘機数機で精密爆撃をするレベルなのだが、そこまでしてもパレスチナあるいはイスラムのゲリラ戦は終わらない。やっぱゲリラすげえな…と逆説的に読めるのも興味深い。

FX戦士くるみちゃん

f:id:torisoba_bekunai:20210713223747j:plain

そんなマンガが、FX戦士くるみちゃん、だ!

comic-walker.com

最近、小学館集英社講談社の大手を除くほとんどのマンガがネットで公開されている。

今日、見つけたマンガ「FX戦士くるみちゃん」が4話まで読んでて面白い。

 

いや、面白いかどーか、4通りにわかれる。

1:全く興味が無い、あるいは、内容がわからない。

2:ゲラゲラ笑う。

3:わかるわ~と苦笑いする。

4:笑えない。むしろ恐怖。

 

俺は3。苦笑い。チャートに"ス~~~ッ"とか"ドゴォ”などと擬音がつくのがイイネ…わかるよ…いや、俺はFXはやんないけどさぁ。

確か一昔前はレバレッジ最大400倍とかで完全に狂気の沙汰だった。

はじめは恐る恐る米ドルから入って、豪ドル→南アフリカ→英ポンドあたりに手を出すと完全に終了パターンだったように思う。

まったく同じ3人の他人

「まったく同じ3人の他人」見る。これはノンフィクション、実話である。

https://www.netflix.com/jp/title/80240088

19歳で大学に入学すると、異様に皆がフレンドリーである。奇妙に思っていたら、自分ソックリな人間と皆が勘違いしていたことに気が付く。


そこで、そのソックリさんに会いに行くと、その瞬間、意気投合した。2人は生き別れした双子だった。この事件が新聞に掲載されると、もう一人、同じ人間があらわれた。
実は三つ子であったのである。

 

その三つ子、当時のアメリカで大人気となって、テレビなんかで引っ張りだこになったらしい。
ここまではこの映画の序章である。

 

なんでこんなことに?と調べると、
3人とも生後6カ月で養子に出されており、全て別々の家庭に育った。

アメリカでの養子制度は日本と比べてかなり容易であったこで、養子であることに不自然さは無い。しかし、3つの家庭の養父らは三つ子であったことを知らされてなかった。

 

その頃、心理学系の論文を読んでいた研究者が、とある論文を見つける。
それは、一卵性多生児(主に双子)を、まったく別の環境で育てたらどうなるのか?という研究である。

 

その三つ子は、その人体実験をさせられていたことが判明する。
一卵性多生児を養子に出すことが決まると、それぞれ別の環境に送り込まれたのである。なので、他にも多くの双子たちが人体実験を秘密裏にさせられていたことが判明する。

 

この三つ子はそれぞれ、下流中流・上流家庭に割り振られ、子供時代に様々なテストを実施されていたのである。
そのテストは養子で育ったらどうなるのか?という建前だったため、養父たちも疑問に思わなかった。

 

さて、その人体実験の真の目的と結果は?といえば、イエール大学で保管されており、2066年まで非公開であることが判明する。関係者が全て死ななないと開示されないわけだ。

 

この映画のエンドロールで、その三つ子たちが幼少期に知能テストらしきゲームをやらされている映像が映るのだが、この非人間的な感じに寒気がする。

 

この気持ち悪い事実が語られると同時に、三つ子はそれぞれ別の名前、別の家庭に育った他人であると、この映画は強調する。

 

しかし、どう見ても20歳ぐらいの映像はまったく同じ容姿であり、声もしぐさも、煙草の銘柄や女性の好みも一緒、大学も同じなのだから知的レベルも同じである。これは、橘玲が指摘するように、人間は環境よりも遺伝的要素が極めて強いことを示唆しているとしか見えない。

 

まあ、この人体実験の話はそれはそれで興味深いのだが、この人体実験の正当性、善悪の判断を単純に考えると人権侵害といえよう。

 

しかし、決して非人間的な環境で育てられたわけではない。3人の養父たちは単純に善意で子供たちを育て上げた。
(ただし、ひとりは自殺したが、直接的原因はわからない。)

 

我々がこの3人のように人体実験されていない、と自信を持って言えるだろうか?

 

我々はすでにスマホを通じて生活は監視されているといっていい。
少し前にLINEアプリによって、LINEの通信内容はおろか、電話帳リストやGPSによる位置データまで諸外国に提供されていたことが判明した。


facebookによれば、いいね!ボタンを20回程度押すことで、友人や恋人あるいは本人よりもAIによって本人の好み、政治性向なんかを判別できるため、このデータがアメリカ大統領選挙に使われた。

 

日本でも国勢調査がある。
この正当性は?といえば、法的根拠はある。しかし、昨今の人権的価値、人権をもとにした道徳的視点からいえば奇妙と言わざるを得ない。

ポチの告白

■アンチウィルスソフトのノートンをアンインストールした。
(カタカナが多いな…)
処理速度が明らかに速くなった。
駄目な原因はノートンだったようだ。

 

とにかく処理が遅かった。
タスクマネージャをみると常にディスクI/Oが100%で処理が一杯一杯だった。
てっきりず~っとwindowsのアップデートかな、と思ってたらノートンだった。

 

■G監督から「日本で一番悪い奴ら」を見よ、と指令が下る。


www.youtube.com

実在の北海道警察の不祥事事件をもとにした映画。
うん、このヤクザ映画、元気があってよろしい!(?)
G監督はこーいう熱がこもった映画好きだよね。

 

面白いけど、俺としては実在の警察犯罪、不祥事映画としては
ポチの告白」が俺ぁ好きかな。。


www.youtube.com

「日本で一番悪い奴ら」はエンターテイメントとして描いてるが、「ポチの告白」は恐怖映画っぽいつくりになってる。

 

つまり、「日本で一番悪い奴ら」は見てるフツーの観客としては、いや~ヤクザとつるんで悪い警察官もいるもんだな~と、自分とは無関係の視点で笑うことができる。
一方、「ポチの告白」は、いくら無罪・無関係でも、ある日突然、警察に目をつけられたら絶対に逃げられない恐怖を感じる映画になってる。

全裸監督 シーズン2

■ネットフリックス「全裸監督 シーズン2」見る。


www.youtube.com

生きるエロ伝説、村西とおるの自伝。

最終話、不覚にも涙が出た。
誰にでもオススメできるわけではないが、G監督は大好物だろう。
日本のドラマもここまで作りこんだら面白いよね。。

 

このドラマ内のヤクザの話は盛りすぎかと思ったら、ヤクザに拉致監禁されるのはよくあったらしいし、闇金に手を出してダムの上で飛び降りろと言われたのも実話というあたりが笑えないぐらい面白い。

 

東村アキコ東京タラレバ娘 リターンズ」


東村アキコ東京タラレバ娘 シーズン2」

いや~…東村アキコは面白い。

面白いマンガはセリフだけで面白い。

これはサンデーの看板漫画家である藤田和日郎「読者ハ読ムナ(笑): いかにして藤田和日郎の新人アシスタントは漫画家になったか」のなかで語られる漫画論だが、東村アキコのマンガはまさしくセリフが秀逸。

俺は著者のギャグがたまんなく面白いんだけどね。。

 

海野つなみ逃げるは恥だが役に立つ」 


実写ドラマは見たことないし見る気もないが、原作マンガは気になって少し立ち読みして気がついたら全巻買ってた。

少女漫画は基本、惚れた腫れただけではある。しかし、その深度は少年マンガより深い。

 

内容としては、一人暮らしの男性サラリーマンに主人公の女性が住み込み家政婦(?)として働き、やがてくっつく、という誰でも予測可能なオチではある。
ただ、上記の藤田和日郎「読者ハ読ムナ」マンガ理論における

オチが分かるのはそれでよい。
ハッピーエンドのハッピー感を読者の予想を上回ればよい。 

 

まさしく、誰でも予測可能だがハッピー感は上回る漫画。

男が少女漫画キライな理由に、登場人物が感情的過ぎてついていけない、というのもあるんじゃないかと思うのだが、このマンガは真逆といっていい。

 

主人公の2人は、言動が理屈っぽい。
男性側は30代後半のシステムエンジニアで童貞、女性側は大学院で心理学を学んだという設定で、お互い奥手も奥手、スキンシップをする理由もそれぞれが話し合いで解決していくという物語である。

大ヒットなのに意外と年齢層高めのマンガであった。

 

恋愛を理屈っぽく語るマンガで思い出すのは
■秋☆枝「恋は光」


これはヤングジャンプ=男性向け週刊漫画だった。最近は男性向け・女性向けとかの垣根がなくなってきてるし、コレが読めるなら「逃げるは恥だが役に立つ」も面白いだろう。


ただ、他によくある男性向け恋愛系ウンチク(?)マンガはエロの話ばっかりである。