シン・ウルトラマン

Amazonプライムで「シン・ウルトラマン」見る。

これ、何が面白いの?というのが俺の率直な感想。。
テンポはいい…というか、一作目だけど総集編ってスピード感で、人間のドラマが無い。
おそらく人間ドラマを描く気は無かったんだろう。

 

この映画、ともかく事前にどれほど思い入れがあるかで全くと言って評価が変わるっぽい。

 

俺はウルトラマンにそんなに思い入れはない。怪獣もツインテールとかジャミラとか初期の代表的な怪獣は知ってるけど、そのぐらい。知識としては「邦キチ!映子さん」のウルトラマンクイズの10点レベル。

 

この映画は、観客側のオタク度が試される映画だというのはよくわかった。
で、俺が見た「シン・ウルトラマン評」

 

絶賛しかない■山田玲司youtube

開始数秒で滂沱の涙レベル。らしい。


www.youtube.com

 

最高!■邦キチ!映子さん

あらゆるカット、セリフに仕草から全てにオタク要素が詰まっている。
どこまで読み解けるか、観客のオタク脳が試されている。らしい。

 

良い■ライムスター宇多丸

奇妙に感じる場面にもそれぞれ意味があるのはわかる。全体として良い、らしい。


www.youtube.com

 

一方で、映画評論家3人(高橋ヨシキ柳下毅一郎、てらさわホーク)によるyoutube「black hole」では、オタクにはいいけど一般人向けじゃないよね、という感想が俺とほぼピッタリ。


www.youtube.com

てらさわホーク氏はウルトラマンにかなり思い入れがあるにも関わらず、通常の映画としてありえないセリフの言い回しとか、わざとにせよ場面によっては安っぽすぎる絵作りとか、フツーに映画を見ようとした客としては違和感しかねぇ、という感想はその通り。

 

black holeの他の2人のコメントも含めて俺もそー思う、というのは
・女優に対する不必要としか思えないセクハラ演出の数々に嫌悪感しかない。
・奇妙なカメラアングル(実相寺アングル)がとにかく見づらい。
とか。

 

ちなみに、スマホで撮影した映像がちょくちょく挟まってたらしいんだけど、20インチぐらいのテレビで見たせいか画質の良し悪しは全然わからなかった。

岡崎に捧ぐ

某Hに紹介されたけど、なんか見た目で敬遠してたのが良くなかった。
最後まで見ると名作だった2本。

 

■「岡崎に捧ぐ

以前、某Hから1巻が送られてきたので1巻は読んだ。
1巻だけなら"ちびまる子ちゃん的"な子供のころのあるあるネタ漫画だな、という印象だった。
ただし年代がちびまる子ちゃんより後で団塊ジュニア世代である。


俺が敬遠してたのは、作者が幼少期の友人たちをいささかコケにしているようにも感じたからと、ちびまる子ちゃんの作者さくらももこの異様な才能に勝てるとは思えなかったからである。

 

古本屋で全5巻が400円で売ってたので買った。
1冊100円以下じゃん…。
2巻あたりまでは1巻とほぼ同じ感じであったのだが、徐々に物語が変わっていく。
幼少期に友人たちを上から目線で描いていたのは実は後半への伏線だったことが通して読んで初めてわかった。

 

おそらく誰しもが抱く幼少期の頃の無敵感というか、自分中心に世界が回っている感じから、大人になるにつれ、徐々に自分が大多数の一人以下の存在である現実に気づかされ、何者でもないし何者にもなれない自分に自信を喪失していく様子がリアルに描かれる。
実体験としか思えないし、まあそうであろう作者の青年期の悲哀がグッとくる。
ただ、この作者はこの作品で、さくらももこと対等に胸を張れるほどの漫画家としてデビューしたのも重ねてグッとくる。

 

そもそも俺ぁ、先にその後の漫画「きょうも厄日です」は読んでたんだから、この作者がそんな他人を小馬鹿にするだけでないことは容易に想像できたはずなのに…俺ぁまだまだだったな~。

 

 

■「漁港の肉子ちゃん」


www.youtube.com

某Hがコレ面白いよ、と言ってたな~と思いつつ、ネットフリックスで冒頭30分ぐらいで見るのをやめてた。

 

主人公が小学生で、その学校生活での人間ドラマが妙に説教臭いというかNHK教育番組を見ているかのような展開で、そつのない演出とそつのない作画、特に意外性も感じなかったのでなんかそのまま敬遠していた。

 

で、一か月ぐらいは放置していた気がするが、なんとなく続きを見たら後半は全く違った物語であった。

 

前半は小学生高学年による小学生の物語であったのが、後半は大人による大人のためのドラマ、まるで弘兼憲史の「人間交差点」のような昭和感満載の泣けるドラマに展開していくのである。

 

ベタなドラマだと馬鹿にしてはいけない。ベタなドラマをちゃんと描ける演出はそれはそれで良いものだし、本作は単に古臭いだけでもない。昨今の妙に作家主義的なアニメ…ジブリとか新海誠とか細田守とかのゲージツ的?なわかりにく~~い演出を避けてまっとうに描いたのを俺は評価する。

 

ただ、本作が売れ無かったという理由もわかる。

そもそもこの映画の客層がよくわからない。

前半は中高生向きだが後半はまるっきり大人向け。アニメだがアニメ好きが見る絵柄でも内容でもない。
コレを吉本が制作したというのがなんか興味深い。おそらくジブリっぽい感じで国民的アニメ的位置づけにしたかったんだろうけど、まぁ…ダメだったよね。。

相原コージ

久しぶりに名前を見つけて、ああ!と驚く。
山野一「大難産」

かつて「四丁目の夕日」とか「混沌大陸パンゲア」とかで圧倒的な狂気の鬼畜漫画としてサブカル・アングラ界で名をはせた(?)漫画家が山野一である。同じく狂気の漫画家"ねこじる"の夫としても知られるが、ねこじるが自殺を遂げてから俺は読んでなかった。


久々に本屋で山野一の名前をみて少々ビックリして思わず買ってみたものの、中身はなんとフツー(?)の出産ルポ漫画だった。再婚した嫁が難産だった、という漫画である。

 

拍子抜けしたが、なんだかホッとしたような気もする。年齢を重ねて、あの山野一も丸くなるんだと思える。

 

 

相原コージうつ病になってマンガが描けなくなりました」

かつて「コージ苑」や「サルでも描けるまんが教室」なんかでメジャー漫画界に燦然と輝くギャグマンガを描いたあの相原コージがこんなことになってるとは…。

中身はタイトルそのままで、自分の精神が蝕まれていく様子が手に取るようにわかる。


ある日、散歩にでると青信号で信号を渡っていいのか悪いのか判断できなくなっている自分に気が付く。やがて思考がどんどんと自殺に傾き始め、いかに自殺を遂げるかという方法を延々と考えだし、ついに自殺未遂までしてしまうのである。

 

山野一とは正反対というか、G監督がこの漫画読んだら一週間は寝込むだろう。。

断腸亭にちじょう

■先日の世代論として、気になる世代があった。
コロナ禍でずっとオンライン授業だった学生である。

 

どれ程なのかは知らないが、キャンパスライフ的なもの…サークルや飲み会なんかも含めての学生生活を経験できずに半ば強制的に部屋に引きこもりさせてのオンライン授業だった学生たちには特徴的なものがあるような気もする。

 

とは言っても大学生ってだけでその世代の約半分だし、大学によって状況はかなり異なるらしいのでなんとも言えないが。

 

■う~~~む…久々にネット漫画で震える。
ガンプ「断腸亭にちじょう」

www.sunday-webry.com

永井荷風「断腸亭日常」とタイトルがかぶるが、これは40歳手前で癌を宣告された作者の日記漫画。

上記のリンクからほとんど全話読める。

あまりのリアリティ、その絶望的な感情が乗り移りそうになる。

先生、どうか皆の前でほめないで下さい

金間大介「先生、どうか皆の前でほめないで下さい: いい子症候群の若者たち」読む。

基本、世代論はあんまり信用してない。星占い程度ぐらいかな…。
何しろ個人差があるし、何となく誰でも当てはまることが書いてあるのが多い。
世代論がお話として面白いのは「絶望に効く薬」の山田玲司youtubeかな。
山田玲司の話はほとんど世代論なんだけど、ネタとして面白い。正しいかどうかは別として。

 

本書は著者が大学の先生ということで、科学的に分析したアカデミックな世代論・若者論である。ただし文章は高校生でも読める程度のレベルにしてくれている。

 

amazonの紹介にも書いてあるが、はじめに大学の講義でどこの席に座るか?問題が描かれている。
確かに、俺の場合も「一般的な大学における座席配置(過去)」の通りで、最近の座り方…後ろの席に隙間なく座るというのは違和感がある。
つかみはバッチリで最後まで読んだ。

 

この本が役に立つのは、多くの新卒をとる企業の教育係だろう。
最近の若者の特徴はこーで、対処法はこーだと丁寧に描写している。

 

んで、世代論ではいつも俺が思っている"若者は大人の鏡"という点は本書でも指摘している。

道徳についてのクソ長い話 その6

ニーチェは道徳を、善悪を逆転させたと言われる。
俺のつたない理解でアレだが、その逆転とは何か?それは"神=善"より先に"悪"があると解明してみせたことにある。

 

一般的な善悪というのは土着の宗教観に基づく。西洋ではキリスト教だ。
キリスト教に限らず、およそ神様ってのは世界をつくる・あるいは世界ができたとき一番はじめにいる存在である。その神様の言うことを聞かないと悪とされる。
ニーチェは、実は順番が違うと指摘した。

 

例えば、家や家族を失うことがある。
原因は台風や地震であったり、戦争であったり、個人的な恨みであったりする。
残された人は、その原因に理由=因果関係がないと納得できない。
そして、その悪い状態から一発逆転して良い=善い状態へと変化させようとする。

 

このとき、原因が天変地異や戦争や疫病なんかで個人ではどーすることもできない場合…というか、ほとんどがそーいう場合なのだが、その立場になった人が唯一といって逆転できる方法は、被害者である自分が善人になることである。

 

危害を加えた側、加害者を悪として裁くことによってのみ、被害者たる自分が善人として救済されるのである。いや、むしろ被害者としての自分が加害者よりも立場が上だということになる。

被害を被った自分は…被害を被ったということだけで"善"なのだ。

自分は"善"である以上、加害者は"悪"であり罪をつぐなう必然がある。

 

ここが善悪が逆転したという所以であろう。
その弱者にならざるをえない者の恨みつらみをニーチェルサンチマン(怨念と訳される)と呼んだ。

 

興味深いのは、その罪は必ず神によって許されることにある。
というよりも、罪というのは許されることが前提である。
そうでなければそもそも罪にならない。
神によって許されない罪などもとから存在しないからだ。

 

有名な「神は死んだ」というニーチェのセリフは、

その善悪の構造から神が"発明"されたことを発見したからだ。

 

従って、そもそも罪悪感を持たない人間を神は裁くことができない。
キリスト教の本質は、罪悪感ともいえる。

 

日本文化を研究したアメリカ人のルース・ベネディクト菊と刀」によれば、日本は"恥の文化"と分析する一方、アメリカを"罪の文化"とした。

 

キリスト教カトリックでは「告解室」という小さな押し入れみたいな部屋に入り、自分の罪を告白し、神に許してもらうという儀式がある。これは、自分がやったこと(行為)どころか思っただけ・想像しただけ(意識・内面)ですら罪であり神によって裁かれるという宗教観である。
キリスト教は、徹底的に罪悪感を植え付けることで信者を獲得する。

 

今回の安部元総理襲撃事件の犯人の動機は、旧統一教会による母親への洗脳という。

統一教会に限らず、キリスト教系の信者獲得手段として、まずは罪の意識を植えさせることである。
これは菜食主義とかエコロジーとか、西洋系の"主義"論者の基本思考ともいえる。
「あなたは実はこんなに罪深いのです!」と説明する。
肉を食うと動物可哀そう、クジラは頭いいんだよ、エコじゃないと南の島が海に沈むとか、いろいろな理由をつけて、これまで意識しなかった"罪"を感じさせるのである。

 

そして罪は必ず許される方法が提示される。
先ほど説明したように、罪は神による許しとセットである。
統一教会によれば、神による許しとは献金であるという。
罪を感じてしまったが最後、もう止まることはない。
何しろ、自分で自分を許すことができないため終わりがない。

 

一方、今回の襲撃犯はルサンチマン(怨念)をため込むしかなかった。
個人であの宗教団体を相手に勝てる方法はなかったからだ。